grunt-tfc-datauri

The images path indicated to the 'manifest' variable of the file publish(ed) from 'Toolkit for CreateJS' is changeable to 'base64'.

npm install grunt-tfc-datauri
1 downloads in the last day
4 downloads in the last week
6 downloads in the last month

grunt-tfc-datauri

Getting Started

This plugin requires Grunt ~0.4.0

Install this grunt plugin next to your project's grunt.js gruntfile with: npm install grunt-tfc-datauri

Then add this line to your project's gruntfile.js gruntfile:

grunt.loadNpmTasks('grunt-tfc-datauri');

Documentation

Flashのextensionである、「Toolkit for CreateJS」(※以降 TFC )を使用したプロジェクトで、 image画像を大量に使用している場合、スマートフォンでは画像のリクエストが増えてしまい、 3G回線端末などではロードに時間がかかってしまいます。

そこで画像データをdatauriで使用することによってリクエストを大幅に減らし、 ロード時間を短縮するテクニックがあります。

このpluginは、TFCでpublishされたhtml内のvar manifestjsonに記述されている画像パスに基づき、 画像をbase64化します。 そしてそのデータをhtmlに上書きします。 もしくは任意のファイルに出力します。

Example1

TFCによってpublishされたhtmlを上書きする場合

grunt.initConfig({

  tfcDatauri: {
    testfile:{
      file:'./test/tfc_publish_file.html'
    }
  }
});

html内のmanifest変数部分が、画像パスからdatauriに変わります。

Example2 (dest)

data uri化したデータを任意のファイルに出力します。

grunt.initConfig({

  tfcDatauri: {
    testfile:{
      file:'./test/tfc_publish_file.html',
      dest:'./test/manifest.js'
    }
  }
});

./test/manifest.jsが出力され、ここにdata uri化したデータが記述されます。

Example3(options)

optionsの指定で、manifestという変数名を変更できます。

grunt.initConfig({

  tfcDatauri: {
    testfile:{
      file:'./test/tfc_publish_file.html',
      dest:'./test/manifest.js',
      options:{
        log:true,
        //処理中のlogをconsoleに表示します
        varName:'foo' // var foo =[ ~
        //変数名が'manifest'以外の場合はvarNameで指定します。
      }
    }
  }
});

License

Copyright (c) 2013 Yota Kanke Licensed under the MIT license.

blog

npm loves you